埋没法と切開法の2種類

目元に触れる人

一重瞼で悩んでいる人にお勧めです

瞼に脂肪が付いており、腫れぼったい印象の一重瞼で悩んでいる人もあります。奥二重の場合は、一見すると一重瞼に見えるので、きれいな二重瞼に憧れている人が増えています。美容外科のクリニックでは、埋没法や切開法などの二重整形の施術を行っています。カウンセリングや診察を行い、希望に合った目元にするための方法を提案してくれます。瞼の脂肪が厚い場合は、全切開法を勧められることが多いです。全切開法は目頭から目尻までを切除して、縫合をする方法です。埋没法に比べると幅の広いラインを作れるなどのメリットがあります。施術後は多少のダウンタイムがありますが、腫れがひくとぱっちりした目元になれます。全切開法の費用は、25万円から30万円前後です。瞼の脂肪を取り除く場合は、別に数万円が必要です。部分切開法は瞼の一部を切開する方法なので、奥二重や目と目の間隔が離れている人に人気があります。全切開法に比べると、切開する部分が少ないので、ナチュラルな仕上がりが特徴です。美容外科のクリニックを選ぶ時は、最新の医療設備が整っていたり、評判の高い医療スタッフが在籍をしたりしている所がお勧めです。切開法は費用が高めですが、大きな魅惑的な瞳になりたい人にお勧めの美容整形です。

全切開法や部分切開法は、目元の印象が変わるので、不安を感じている人もあります。家事や仕事で忙しい人は、ダウンタイムの長い方法は向いているとは言えません。切開法に比べるとナチュラルな仕上がりを希望している場合は、埋没法がお勧めです。埋没法はクリニックによっても多少は違いますが、10万円以下で施術を受けることも可能です。比較的気軽に受けられる二重整形なので、オシャレに関心の高い大学生や専門学校生にも人気があります。埋没法はメスを使用しないので、瞼に脂肪が付いていない人にお勧めの方法です。埋没法では髪の毛よりも細い、専用の糸を使用しています。瞼の裏側から数か所を糸を使って留めてくれます。比較的費用が安いので、幅広い年代に人気です。日帰りで治療が受けられるので、翌日から家事や仕事をこなすことが出来ます。二重整形は美容整形の中でも、定着した人気があります。目元は顔の印象を左右するパーツなので、一重瞼の人は寂しい印象やきついイメージを持たれてしまいます。目元が原因で不機嫌そうに見えてしまうので悩んでいる人は、美容外科の医師に相談をしてみると良いでしょう。埋没法は切開法とは違って、元に戻すことも可能です。美容外科クリニックは、費用の相談もしやすいです。

Copyright© 2019 目に関するコンプレックス解消方法について All Rights Reserved.